【レビュー】福島発のローカルウイスキー! 963ファインブレンデッドウイスキー リッチ&スウィート

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。

最近は、長野県駒ヶ根市にふるさと納税をすると、返礼品としてもらえるマルスウイスキーのレビューを書いてきました。

これらとは別に返礼品をいただいたのが、福島県郡山市の「963ウイスキー 2本セットです」

【ふるさと納税】963 ウィスキー 【 スムース & ピーティー 】【 リッチ & スウィート 】各1本(カートン入)合計2本 【洋酒・お酒】

今回は、そのうちの赤いボトルである「963ファインブレンデッドウイスキー リッチ&スウィートト」のレビューをまとめていきます。

基本情報

 

種類ジャパニーズウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数46度
価格3000円(定価)

笹の川酒造とは

 

963ウイスキーの製造元は福島県郡山市にある、笹の川酒造です。

笹の川酒造の創業は1765年と、約250年以上続く伝統ある会社です。ここで製造されているお酒は、「清酒」がメインであり、その他にも焼酎やスピリッツなど幅広く展開していますね。

ウイスキーについては、1946年にウイスキー製造免許を受けました。1983年には、ウイスキーモルト貯蔵庫が落成し、以前、紹介したマルスウイスキーと同様に、いわゆる「地ウイスキー」として製造していきます。一升瓶に入ったチェリーウイスキーを製造すると、全国にその名を広めました。

2016年には、新しく安積蒸留所を設立し、新たに本格的なモルトウイスキーの製造を始めていきます。

安積蒸留所の設立には、ベンチャーウイスキーの肥土伊知郎氏が深く関与しています。イチローズウイスキーのイチローさんですね。

現在の秩父蒸留所の前身である羽生蒸留所が経営破綻し、貯蔵していた原酒の廃棄処分されようとしていました。それを避けるべく、笹の川酒造の貯蔵庫を間借りし、2005年に笹の川酒造からイチローズモルトが販売されていた経緯があります。イチローズモルトの人気の裏には、ピンチを救った笹の川酒造の存在があったのです。

ベンチャーウイスキーと笹の川酒造の協力関係のもと、安積蒸留所の設立の際には秩父蒸留所の設備を視察し、ウイスキー造りの細かな工程を参考としました。

963ファインブレンデッドウイスキー リッチ&スウィートとは

 

963ウイスキーの特徴は、ノンチルフィルタード、ナチュラルカラーであることが特徴です。

ノンチルフィルタードとは、冷却濾過をしていないという意味です。一般的なウイスキー造りの工程では、白濁の原因となる脂肪酸を除去するため、瓶詰め前に冷却濾過を施します。ボトルが白濁していると、見かけが悪いので買ってもらいにくくなってしまいますよね。

ノンチルフィルタードは、あえて濾過をしないことによって、原酒の香味を最大限引き出すことができるのです。

また、カラメル色素による着色を施しているウイスキーも多数ありますが、963ウイスキーでは着色がない自然な色合いとなっています。

赤ラベルと黒ラベルの違い

 

963ウイスキーには、「リッチ&スウィート」(赤ラベル)と「スムース&ピーティ」(黒ラベル)の2種類が販売されています。

赤ラベルは、シェリーカスク原酒を数種類のカスク、バレルに入れ分け、熟成後にブレンドしたもので甘味が特徴。黒ラベルは、アイラウイスキーを思わせるどっしりとしたピート感・潮臭さが特徴的なウイスキーです。

それでは、「リッチ&スウィート」(赤ラベル)をテイスティングしてみましょう

 

テイスティング

 

香り

 

若い原酒の印象で、鼻にチクチクとくるエタノール。
シェリー樽由来のエステリーかつフルーティな印象が強く、ちょっと甘ったるい果実感がしますね。

 

 

最初に来るアルコール感は強めで、舌がピリつきます。シェリー樽の甘酸っぱさと、フルーティな甘さが強いですが、薬品ぽいフェノール感も少々します。
樽香はあまり感じず、余韻もブランデーのような甘さがじんわりと続いていき、心地よさが長続きしていきますね。
風味としては、バランタインファイネストに近い感じです。
ハイボールにすると、さっぱりとした甘さが強調され、すっきりと飲みやすい印象です。

まとめ

 

963ファインブレンデッドウイスキー リッチ&スウィートは、シェリー樽由来の甘さが特徴的です。ストレートで飲むと甘ったるさを感じますが、ハイボールにすると甘さがすっきりとして、とてもバランスの取れたハイボールとなります。

定価は3000円ですが、この価格帯なら「シーバスリーガル」やシングルモルトウイスキーなどを選択した方がいいかもしれないですね。

日本の地ウイスキーとしては、十分なクオリティであるので試してみるのはありです!

評価

 

香り3.0

甘さ4.0

潮臭さ

ブログについて
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント