【レビュー】宮城県限定ウイスキー 伊達

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。

今回はニッカウイスキーで製造されている「伊達」をレビューしていきます。

「伊達」と言えば、仙台藩主「伊達政宗」が有名ですよね。

現在では仙台城跡に伊達政宗公の騎馬像があり、宮城県の有名な観光スポットとなっています。

伊達のラベルにも、「DATE」の「A」に伊達政宗の兜らしきデザインがされています。

伊達は、宮城県内でしか販売されていない、地域限定のウイスキーですので、宮城県に行った際にお土産として購入するのがおすすめです。

※ネットでも買えますが、割高感が否めません…

基本情報

 

種類ジャパニーズウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数43度
価格3800円

 

伊達とは

 

ニッカウイスキー 伊達は、宮城県にある宮城峡蒸留所で作られます。

朝ドラで有名となった「マッサン」こと、創業者竹鶴正孝が、余市蒸留所に続く、第2の蒸留所として選んだのが、宮城県仙台市です。

宮城峡蒸溜所は、仙台市青葉区に位置します。仙台市内を流れる一級河川である「広瀬川」と「新川」(にっかわ)が合流した地にあり、自然豊かな環境でウイスキーは造られています。

伊達は宮城峡蒸留所で使用されているカフェスチルで作られた「カフェモルト」と「カフェグレーン」をブレンドしたウイスキーです。

カフェ」というのは、開発者である「イーニアス・カフェ」にちなんだものです。
他の連続式蒸留機と比べると、旧式であり、蒸留効率が落ちるものの、原料の風味が残りやすい特徴をもっています。
カフェスチルで蒸留する原酒は、宮城峡蒸留所で製造されたモルト原酒、グレーン原酒だけでなく、ニッカウイスキーがスコットランドに保有するベンネヴィスの原酒も使用しています。

 

テイスティング

 

香り

アルコール感は少なく、芳醇なバニラの香りが印象的。心地よいウッディ感もあり癒やされるアロマ。

 

口に入れた瞬間は、アルコール感で舌がピリつく。
ミディアムボディな味わいで、口に含むとオークの樽香が広がる。
なめらかなバニラ、カスタードクリームと青リンゴのようなフレッシュから、ホワイトチョコレートのような苦味が徐々に現れます。
フィニッシュはほんのりとしたピートを感じで、甘さと苦さの調和が取れている印象。
余韻はとてもビター。コーヒーのような奥深さが続きます。
総評すると、バニラとビターのバランスが取れていて、飽きない味ですね。

 

まとめ

 

ニッカウイスキーで製造する「余市」や「宮城峡」とは異なった印象であるのが「伊達」です。バニラと樽香、そしてビターなフィニッシュ感が個性を生み出していますね。

宮城県内でしか買えないので、宮城観光の際はお土産に買ってみてくださいね。

評価

 

香り4.0

甘さ4.0

潮臭さ2.0

 

 

ジャパニーズウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント