【レビュー】謎多きアイラモルトウイスキー フィンラガン オリジナルピーティー

スポンサーリンク
どうも、いもらいです。
今回は謎多きウイスキー「フィンラガン オリジナルピーティー」を紹介します。
フィンラガンは、シングルモルトウイスキーなのですが、アイラ島にあるどこかの蒸留所の原酒を使っているものと言われています
どこかの蒸留所かは公開されておらず、まさに秘密のアイラモルトですね。
ネットで調べてみると、「カリラ」が有力説のようです
それでは、フィンラガンについてみていきましょう。

基本情報

種類スコッチウイスキー(シングルモルトウイスキー)
アルコール度数40度
価格3000円弱

フィンラガンとは

フィンラガンとはアイラ島にあったフィンラガン城を由来とした、シングルモルトウイスキーです。
フィンラガンを製造しているのは、ヴィンテージモルト社。アードベッグやボウモアなどの蒸留所と違うのは、ボトラーズボトルであることです。

ボトラーズボトルとは

一般的にイメージするウイスキーは、「オフィシャルボトル」と言われていて、蒸留所が原酒を製造し、瓶詰めをして製品化します。
ボトラーズボトル」は、蒸留所から原酒を買取り、独自に熟成をさせて販売を行います。
例えば、一つの樽から瓶詰めを行う「シングルカスク」や加水を行わない「カスクストレングス」など個性的なボトルが多く販売されています。
流通されているシングルモルトウイスキーでは、ボトラーズボトルも数多いのですが、限定商品が多いため、中々店頭では見られませんね。

ヴィンテージモルト社とは

ヴィンテージモルト社は1992年、ブライアンブライアン・クロークによって設立されました。「アイリーク」が人気のボトルです。
ラインナップ
・フィンラガン オリジナルピーティー
・フィンラガン オールドリザーヴ
・フィンラガン カスクストレングス

テイスティング

香り

アイラモルトらしい塩臭さ、スモーキー、正露丸のような香りが特徴的だが、マイルドな感じ。
桃やアプリコットのような甘さもあり、ただスモーキーなだけではない印象。

アルコールの強さはあまり感じず、舌のピリつきは抑えられている。
香りと同じくアイラウイスキーの基本を抑えてる、ピート、塩臭さを感じます。
他のアイラモルトで言うと、アードベッグほどの強烈さはなく、ボウモアやカリラのようなマイルド・フルーティのような印象が強い。
原酒は若く、深いコクはありませんが、スッと飲めるアイラウイスキーと言えるでしょう。
余韻はしっかりとピートが残り、アイラモルトの特徴が長く続きます。

まとめ

フィンラガン オリジナルピーティは、マイルドなアイラモルトウイスキーと言った印象です。アイラモルトらしい潮臭さ、ピートは感じますが、強烈すぎず抑えれています。アードベッグのような強烈なアイラウイスキーが好きな方には、弱いかもしれません。

アイラ島のシングルモルトウイスキーは安くても3000円以上してしまいますが、フィンラガン オリジナルピーティはamazonで3000円以下で購入できる、普段飲みにピッタリな一品です。

評価

香り3.0
甘さ3.0
潮臭さ4.0

スコッチウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント