【レビュー】宮城峡蒸留所限定!シングルモルト宮城峡 シェリー&スイートをレビュー

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。

先日、宮城峡蒸留所に見学した際の記事をまとめました。

宮城峡に限らず、蒸留所限定でお土産として売られているウイスキーは、市販では買えない尖ったウイスキーが多いです。例えば、一つの樽飲みの原酒でボトリングした「シングルカスクウイスキー」やボトリング前の加水をしない「カスクストレングスウイスキー」など様々です。

ニッカウヰスキーが所有する「余市蒸留所」と「宮城峡蒸留所」では、バニラやピート、フルーティなど特定の特徴を持つ原酒のみをブレンドした、シングルモルトシリーズがあります。

今回は宮城峡蒸留所見学の際に、お土産で購入した「シングルモルト宮城峡 シェリー&スイート」のレビューをまとめていきます。

基本情報

種類ジャパニーズウイスキー(シングルモルトウイスキー)
アルコール度数55度
価格3000円前後(180ml)

シングルモルト 宮城峡とは

宮城峡蒸溜所は、仙台市青葉区に位置します。仙台市内を流れる一級河川である「広瀬川」と「新川」(にっかわ)が合流した地にあり、自然豊かな環境でウイスキーは造られています。

朝ドラで有名となった「マッサン」こと、創業者竹鶴正孝が、余市蒸留所に続く、第2の蒸留所として選んだのが、宮城県仙台市です。

当時、北海道工場長であった竹鶴威が見つけたのは広瀬川と新川の合流地であるこの土地です。
政孝をこの地に連れてきたところ、政孝は持ってきたウイスキーと川の水で水割りを作りました。
水割りを飲んだ竹鶴は、
「実に素晴らしい水だ!ここに決めよう!」と言ったのは有名な話ですね。

「新川」は「ニッカワ」と言うのも、運命的な出会いを感じます。

シングルモルト宮城峡 シェリー&スイートの特徴

宮城峡蒸留所では、大型のバルジ式ポットスチル8基でモルト原酒を蒸留しています。バルジ式ポットスチルでは、外気に接する面積が広く、軽やかな成分だけを取り出すことができます。また、スチーム加熱により、より軽やかで華やかな酒質となります。

宮城峡のポットスチル

ニッカをつくる人と技「違いが広げるおいしさ」 | NIKKA WHISKY
ウイスキーのおいしさを支える人と技を紹介します。

宮城峡蒸留所限定ウイスキーとして、限定シングルモルトウイスキーを3種類売られています。

今回紹介するシングルモルト宮城峡 シェリー&スイートは、蒸留所限定モデルとして販売されました。前には、12年物の原酒を使用していましたが、原酒不足のため現在はノンエイジのものを使用しています。主にシェリー樽で熟成したものを中心としてブレンドしています。

テイスティング

少し赤みがかかった、濃いめの琥珀色。

香り

アルコール感はあまり感じず、ブルーベリージャム、プルーン、熟れたぶどう、木苺のよう。コクのある甘みと酸味が広がります。
大人っぽさを感じるフルーティ感。

香りと同じくアルコール感は少なめ。とてもまろやかな風味です。
シェリー樽由来の奥深い甘さと酸っぱさ。ブランデーに近めですが、穀物の甘みもあります。
余韻はヘビーで、ビターかつまろやかな酸味と甘さが広がる。

まとめ

宮城峡蒸留所限定で売られているシングルモルトウイスキーには、今回紹介した「シェリー&スイート」の他にも、「フルーティ&リッチ」「ソルティ&モルト」といったコンセプトボトルが販売されています。シェリー樽熟成のワインのような甘みや酸味が好みの方は、飲んで欲しいウイスキーですね。

個人的には、グレンファークラス105に風味が似ていますね。興味があれば、こちらも飲んでみてくださいね。

評価

香り4.0

甘さ4.0

塩臭さ1.0

ジャパニーズウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント