【まとめ】3千円で買えるおすすめウイスキー10選!

スポンサーリンク
どうも、いもらいです。
前回は、2千円以内で買えるおすすめウイスキーをまとめてみました。
この記事では
・ウイスキーを飲んでみたいけど、何を買ったらいいか分からない
・スーパーで身近に買えて、美味しいウイスキーが知りたい!
・晩酌用に安旨ウイスキーを探している
といったような、ウイスキーに興味を持ち始めた初心者さんや、
少しでも安く美味しいウイスキーを探している方向けにまとめてみました。
今回は、以下の方向けにまとめてみました!
・若い原酒特有のアルコール臭さが苦手
・ほんの少し贅沢してみたい
・ストレートでも飲めるウイスキーを探している

5大生産国別おすすめウイスキー

おすすめウイスキーについて、今回も生産国ごとにまとめていきます。
生産国により、ウイスキーの特徴は大きく異なるので、色々比べてみてもらえれば幸いです!
①スコッチウイスキー
・ジョニー・ウォーカー ダブルブラック
・バランタイン12年
・グレングラント ザ メジャーリザーブ
②アイリッシュウイスキー
・ジェムソン カスクメイツ
③アメリカンウイスキー
・ジャックダニエル ブラック
・メーカーズマーク
④カナディアンウイスキー
・カナディアンクラブ12年
⑤ジャパニーズウイスキー
・スーパーニッカ
・サントリー スペシャルリザーブ

①スコッチウイスキー

ジョニー・ウォーカー ダブルブラック

ジョニーウォーカー ダブルブラック 40度 700ml [ウイスキー]

種類 スコッチウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 3000円弱
有名な「ジョニ黒」の派生版!
ジョニー・ウォーカーと言えば、「ジョニー・ウォーカー ブラック 12年」いわゆる「ジョニ黒」が世界的に人気があります。
世界で飲まれているウイスキーの10杯に1杯はジョニー・ウォーカーとも言われていますね。
そんなジョニー・ウォーカーシリーズに、「ジョニー・ウォーカー ダブルブラック」という銘柄があります。
ジョニ黒よりも若い原酒を使用しているのが特徴的で、マイナス要素かと思うかもしれません。
しかし、飲んでみるとアルコールの刺激は少なく、上品なピートが包み込みます。

テイスティング

香り
アイラウイスキーとは異なった潮臭さと、ピート感が全面に出てくる。アイラとハイランドのピートを混ぜたような感じ?
奥には白桃の甘さ、栗のようなコクを感じる。
くっきりとしたピート感があるが、煙臭くはなく、マイルドかつ上品さを感じるピート。フィニッシュは、煤臭さが残ると共に、モンブラン、カボチャのようなコクと甘さを感じる。
アイラモルトのような煙臭さは少なく、柔らかなピート。

バランタイン12年

バランタイン 12年 40度 700ml [ウイスキー]

種類 スコッチウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 2500円程
バランタインは、ジョニー・ウォーカーに次ぐ王道のブレンデッドウイスキーです。
2千円以内で購入できる…では、「バランタイン ファイネスト」を紹介しました。
1000円とは思えない完成度であり、スコッチウイスキーの基本とも言えるウイスキーです。
しかし、原酒の若さから、アルコールの刺激が強いという要素がありました。
バランタイン12年では、アルコールの刺激が抑えられ、よりまろやかな風味が開いてきます。

テイスティング

香り
バニラ・メープル、蜂蜜のような、しつこすぎないやわらかな甘み。
まろやかな口当たりで、偏りなくバランスの取れた風味。香りと同じく、バニラ・メープル、ビスケットのような香ばしさもある。

グレングラント ザ メジャーリザーブ

グレン グラント ザ・メジャー・リザーブ 700ml【ウイスキー】

種類 スコッチウイスキー(シングルモルトウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 3000円程
ウイスキーと言えば、1つの蒸溜所から造られるモルト原酒のみを使用した「シングルモルトウイスキー」が世界的に人気です。
特に熟成年数が記載されているような銘柄は、3000円以上してしまいますが、蒸溜所の若い原酒を使用したウイスキーであれば、3000円以内で買うこともできます。
その中でも「グレングラント ザ メジャーリザーブ」は、安くシングルモルトウイスキーを楽しめる銘柄です。
グレングラントは、イタリアのカンパリ社が所有している蒸溜所で、イタリアのシェア率は70%と言われています。
グレングラントの最大の特徴は、首が細長いポットスチルです。首の部分が長くなることにより、ライトでクリーンな味わいが生まれるのです。

テイスティング

香り
青りんごのような、フルーティかつクリーンな香り。香りは強めですね。
香りと同じく、青りんごが強めでフルーティ。
白ワイン、りんごシャーベットのような印象。フィニッシュは、クリーンさを残しつつもウッディ感が出てくる。熟成感は感じず若いですが、丸く尖っていない優等生な印象ですね。癖がなく飲みやすく、食中酒としても合いますね。

②アイリッシュウイスキー

ジェムソン スタウトエディション

ジェムソン スタウトエディション 40度 700ml ウイスキー アイリッシュ|リカオー PayPayモール店

 

種類 アイリッシュウイスキー(ポットスチルウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 2750円程
こちらは、2千円以内で購入できるウイスキー「ジェムソン」の原酒をスタウトビールに使用する樽で熟成したウイスキーです。
ジェムソンは、アイリッシュウイスキーの伝統である3回蒸留を行うことによる「なめらかさ」が特徴的です。
そんなライトな原酒をスタウトビールで熟成することにより、カカオやコーヒーといった深いコクの風味がもたらされるのです。

テイスティング

香り

ローストしたコーヒー豆のような香り。こだわったコーヒーを提供するカフェの扉を開けた瞬間のような感じですね。

口当たりはスタンダードのジェムソンと近く、クリーンな甘さ。飲み込むと、コーヒー、カカオと言った黒ビールの特徴を掴んだ味わいが広がります。余韻は、ほんのりと続く苦味。不快感を感じる苦味ではなく、上品な苦味が続きます。

③アメリカンウイスキー

ジャックダニエル ブラック

ジャックダニエル 黒 40度 700ml [ウイスキー]

種類 アメリカンウイスキー(テネシーウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 2000円程
三千円以内で買えるアメリカンウイスキー)というと、まず「ジャックダニエル」が思いつきますね。
ジャックダニエルはジョニー・ウォーカーに次いで世界2位に飲まれているウイスキーで、リカーコーナーには必ず置かれていますね。
ジャックダニエルはなんと言っても、サトウカエデの木炭でろ過するチャコールメローイング製法がもたらす、クリアな甘みですよね。ハチミツやメープルを想像させます。
個人的にジャックダニエルは、映画「シャイニング」で、主人公のジャック・トランス(ジャック・ニコルソン)がジャックダニエルを飲むという印象が強いです(笑)

テイスティング

香り
柔らかなバニラ、クリーム、メープルと言った甘み。まるでスイーツのよう
クセがないカラメルのような風味。新樽のウッディ感が強い。

メーカーズマーク

メーカーズマーク 45度 700ml [ウイスキー]

種類 アメリカンウイスキー(バーボンウイスキー)
アルコール度数 45度
価格 2500円程
メーカーズマークは、赤いロウが特徴的なデザインのバーボンウイスキーですね。また、小栗旬さんがcmに出ていることから、知っている方も多いかと思います。
メーカーズマークの特徴は、バーボンでよく使用されているライ麦の代わりに、冬小麦を使用していること。
小麦を入れることにより、より柔らかな風味をもたらします。
また、ボトリングの際に冷却濾過をしないことにより、風味を逃しません。
私が好きなのは、ハイボールです。オレンジピールを加えることにより、華やかな香りがより一層広がります。

テイスティング

香り
優しいバニラ香・バーボンにはあまりない、オレンジのような柑橘感が特徴です。
スッキリとしたバニラビーンズ。バーボン特有の荒削りなクセが見られず、飲みやすい。
香りと同様にオレンジの甘みがあり、まろやかな印象です。
マイルドなので、バーボンのクセ、パンチが欲しい人には向いてないですね。バーボン初心者は飲んでみてほしいです!

バッファロートレース

バッファロートレース 750ml

種類 アメリカンウイスキー(バーボンウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 2500円程
ジャックダニエルやメーカーズマークと比較すると、知名度は劣るかもしれませんが、おすすめの1品です。
アメリカ最古の蒸溜所の1つであり、使われている原酒は、全て8年以上熟成したものを使用しているのが特徴ですね。

テイスティング

香り
ウッディ感、濃厚なバニラビーンズ。奥にはオレンジピールと果実感が出てくる
マイルドな味わいで、オレンジピール、グレープフルーツのような酸味、ミントを感じさせます。ベースにはウッディ感があり、どっしりとしている。フィニッシュは、爽やかなフルーティ感、バニラビーンズが長く続きます。最後まで残るのはミントのようなさっぱり感

④カナディアンウイスキー

カナディアンクラブ12年

カナディアンクラブ クラシック 12年 40度 700ml [ウイスキー]

種類 カナディアンウイスキー
アルコール度数 40度
価格 2000円程
カナディアンウイスキー=カナディアンクラブと言ってもいいくらい、カナディアンを代表するウイスキーです。
1000円で買えるノンエイジの「カナディアンクラブ」は、ウイスキー初心者向けと言っていい程、甘く飲みやすいウイスキーでした。しかし、原酒の若さは隠しきれず、アルコールの強さが弱点でした。そんな弱点を解消したのが、カナディアンクラブ12年と言えるでしょう。

テイスティング

香り
ウイスキーをよく知らない人でも分かるくらいにバニラが強め。また、メープルっぽさもあり、全体的に甘みを感じるノンエイジと比べるとアルコールの強さが抑えられています。
ウイスキー独特の、飲んですぐ感じるアルコールの強みはなくありません。バニラ、メープルの後にウッディの香りが鼻を抜ける感覚です。赤っぽい色もありメープルをイメージさせるウイスキーですが、とろみは弱めです。刺激が弱いので、非常に飲みやすいウイスキーですね。また、ノンエイジと比べるとバニラの風味が複雑であると感じます。

⑤ジャパニーズウイスキー

スーパーニッカ

ニッカ スーパーニッカ 43度 700ml [ウイスキー]

種類 ジャパニーズウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 43度
価格 2500円程
スーパーニッカは、他のウイスキーボトルと比べると丸みがあり曲線美を感じますよね。ボトルの形状にも竹鶴はこだわりました。
「ウイスキーが熟成するまでに何年もかかる。これは娘が大きくなれば嫁にやるのと一緒なのだから、立派な衣装を着せてやりたい」
このように言い残しており、ウイスキーに対する熱い思いと、ウイスキー造りに一切の妥協を許さない姿勢が見られます。ボトルの形状は、丸みがあるもので亡き妻リタをイメージしたのかなと思います。

テイスティング

香り
原酒の若さを感じるアルコール、ピートの香りが強く、ちょっと飲みにくいイメージを与えます
香りに強く現れていたアルコールの強さはあまり感じず、重厚なピート感が来ます。フィニッシュはほんのりとした甘さ。バニラやメープルより、フルーティーな感じです。

サントリー スペシャルリザーブ

スペシャルリザーブ 40度 700ml [ウイスキー]

種類 ジャパニーズウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 2500円程
2000円以内のサントリーウイスキーですと、「」や「オールド」が候補に挙がりますが、2000円台を代表するサントリーウイスキーは「スペシャルリザーブ」でしょう。
1969年に登場した当初は、庶民の手が届かない高級ウイスキーという立ち位置でした。
現在では、2500円と手が届きやすいウイスキーとなりました。
ちなみに、キーモルトには「白州」が使われております。そのため、ライトボディかつホワイトオークの香りが強めなのが特徴ですね。

テイスティング

香り
ライトボディなバニラの香り。マスカット、白ブドウといったようなフルーティな香りがします
アルコールの強さはあまりなく、甘さのバランスが取れている印象。クリーミーなバニラとアクセントに効いてくるピートは、まさしく日本人好みのジャパニーズウイスキー。フィニッシュはバニラ香が残ります。

まとめ

以上、ここまで3000円以内で買えるウイスキーをまとめてみました!
3000円出せば、買えるウイスキーの幅は大きく広がりますので、色々飲んで試していただけばと思います。
同じ3000円を出しても、ストレートやロック、ハイボールなど飲み方を変えても風味は全く異なります。
この記事を参考に自分に合うウイスキー探しの旅に出発してみてください。
その他
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント