【レビュー】(自称)世界一古い蒸留所!ブッシュミルズ

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。
最近は、やわらかな味わいのアイリッシュウイスキーにハマっており、今回はアイリッシュウイスキーとして世界に人気のある「ブッシュミルズ」を紹介します。
スコッチやバーボンと比べると、影が薄いアイリッシュウイスキーですが、歴史は古く、ウイスキーの歴史を築き上げてきました。個人的には、居酒屋でもっと取り扱ってほしいウイスキーであるので、興味を持ってくれたら嬉しいです(^^♪

基本情報

種類 アイリッシュウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 1800円

ブッシュミルズとは


ブッシュミルズは、世界に人気を博すアイリッシュウイスキーですが、その特徴は次の3点です。

①世界最古?の蒸留所
②大麦麦芽100%
③ノンピート


以上を踏まえて、歴史を見ていきましょう。


ブッシュミルズ蒸留所は、アイルランド島の北端であるアントリム州に位置しています。1608年、イングランド国王は、この地の領主であったサー・トーマス・フィリップスに蒸留免許を与え、最古の蒸留所が誕生したと言われています。そのため、ブッシュミルズ蒸留所は世界最古のウイスキー蒸留所を名乗りますが、公式の記録には残っていません。

1784年、蒸留所がスタートしたという記録が残っており、こちらが正しい歴史とされています。


アイリッシュウイスキーは、大麦麦芽に未発芽の大麦やオート麦を混ぜ、3回蒸留を行う「ポットスチルウイスキー」が伝統的な製造方法です。独特のオイリーさが特徴的とされています。

ブッシュミルズでは、ポットスチルスチルウイスキーを製造していた時期もありましたが、現在ではモルト100%で3回蒸留を行ったシングルモルトウイスキーを製造しています。また、スコッチウイスキーのような、モルトとグレーンを混合した「ブレンデッドウイスキー」も販売しています。


スコッチウイスキーと異なるのは、3回蒸留・ノンピート麦芽のみを使用している点で、スコッチウイスキーと比較すると飲みやすいフレーバーとなっています。

ブッシュミルズのラインナップ


現在、販売されているラインナップは以下のとおりです。
・ブッシュミルズ (ホワイトブッシュ)

・ブッシュミルズ シングルモルト12年

・ブッシュミルズ ブラックブッシュ

・ブッシュミルズ シングルモルト10年

・ブッシュミルズ シングルモルト16年

・ブッシュミルズ シングルモルト21年


本記事でまとめているブッシュミルズは、通称ホワイトブッシュと呼ばれており、ブッシュミルズブランドのスタンダードとされています。

テイスティング

香り

軽やかなバニラ香と、イランイランのようなアロマティック

まろやかなバニラビーンズ・ホワイトチョコレートやミルクチョコレートのような甘さとコク。余韻はほんのとしたはちみつに、ピリッとスパイシーさが際立ちます。

まとめ


ウイスキーと言えば、スコッチやバーボン、ジャパニーズが有名ですが、アイリッシュのやわらかな味わいも忘れてはいけません。ブッシュミルズはノンピートかつ、まろやかな味わいなので、ウイスキーの煙臭さや、バーボンの癖が苦手な方にはおすすめですね。

評価

香り3.0

煙臭さ1.0

甘さ3.0

アイリッシュウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント