パウラーナー ヘフェ ヴァイスビアをレビュー

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。7月になると、じわじわと暑くなってきますよね(-_-;)しかも、新型コロナウイルス対策のため、マスクをしなければならず、熱中症も怖いところです。


こんな暑い中飲みたいのは、そう! アルコール!アルコールのために生きていると言っても過言ではありません(笑)


最近はウイスキーだけでなく、ビールにもハマっていまして、今回は「パウラーナー ヘフェ ヴァイスビア」をレビューします。

基本情報


ビアスタイル ヘーフェヴァイツェン

内容量 330ml

アルコール度数 5.5%

価格 350円~400円

メーカー パウラーナー

ヘーフェヴァイツェンとは


そもそも「ヴァイツェン」とは、ドイツ語で「小麦」を指します。ビールは大麦麦芽が原料のほとんどを占めていますが、ヴァイツェンは原料の内、小麦麦芽を50%以上使用して製造します。

上面発酵(エールビール)の仲間で、特にドイツ南部のバイエルン地方で発展しました。ホップ・苦みが少なめで、泡立ち・泡持ちがいいのが特徴です。

ヴァイツェンの中でも酵母をろ過していない濁りのある「ヘーフェヴァイツェン」と、酵母をろ過した「クリスタルヴァイツェン」に分かれます。


ヘーフェヴァイツェンは、いわゆる「白ビール」に当たり、バナナのようなエステル香が特徴的ですね。

パウラーナー ヘフェ ヴァイスビアとは


パウラーナー社は、17世紀半ばに、南ドイツバイエルン州ミュンヘン市内に創業された、ミュンヘン屈指の伝統的な醸造所です。

ドイツと言えば、国内に1500以上の醸造所があり、古くからビールを愛し愛されてきた国ですね。そんなドイツにおけるミュンヘン6大醸造所の一つとされています。今では日本国内でも各地で開催されている「オクトバーフェスト」において、ミュンヘン6大醸造所のみが「オクトバーフェストビール」を提供でき、パウラーナー社は選ばれし醸造所とも言えるでしょう。また、ドイツ最強サッカーチーム“バイエルン・ミュンヘン”のメインスポンサーです。


ヴァイスピアは、ブランド主力商品の一つで、ヴァイツェンでは売上No1とも言われている大人気銘柄であり、今では世界で飲まれるヘーフェヴァイツェンビールです。

テイスティング

香り

ライトなホップの香り。グレープフルーツのような華やかさが見られる

ファーストインプレッションは、酸味が強め。パッションフルーツのような感じ。泡立ちが良くとてもクリーミー。のどごしは、スカッと軽め。苦味はあまり感じない。余韻は果実感が溢れる爽やかな風が抜けていく印象。奥にはバナナのコクも感じる。

まとめ

パウラーナー ヘフェ ヴァイスビアは、パッションフルーツ・バナナといったようなトロピカルな風味が特徴的です。ヘーフェヴァイツェンらしい泡立ち・泡持ちのよさがあり、とてもクリーミーなビールとなっています。甘さと酸味がちょうどいいバランスのビールなので、ビールの苦みが得意じゃない人におすすめですねー

ビール
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント