【レビュー】ラベルを裏切るスムースさ! バッファロートレース

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。
皆さんはウイスキーのボトルデザインをしっかり見ていますか?風味と同じくらい、ウイスキーの個性と言ってもよく、まさに十人十色です。中でも動物をモチーフにした銘柄もあり、例えば…


・クライヌリッシュ(山猫)

Amazon.co.jp: クライヌリッシュ 14年 箱入り [ ウイスキー イギリス ...

・ブレアアソール(カワウソ)

楽天市場】ウイスキー 花と動物 UD ブレアアソール 12年 700ml (77-5 ...

・ワイルドターキー(七面鳥)

Amazon.co.jp: バーボンウイスキー ワイルドターキー8年 700ml: 食品 ...

・フェイマスグラウス(雷鳥)

Amazon.co.jp: フェイマスグラウス 並行品 40度 700ml: 食品・飲料・お酒

・ウルフバーン(狼)


今回は猛々しい「水牛」をモチーフとしているバッファロートレースをレビューします。

基本情報

種類 バーボンウイスキー
アルコール度数 40度
価格 2500円〜3000円

バッファロートレースとは?

それでは、バッファロートレースの歴史・特徴を見ていきましょう。ポイントは次の3点です。

①アメリカ最古蒸留所の1つ
②医薬目的の蒸留酒
③8年以上の熟成


バッファロートレースの意味は「水牛の通り道」蒸溜所が建っているケンタッキー州リーズタウンは、バッファローの群れの通り道だったといわれています。

バッファロートレース蒸溜所は、1773年創業で、アメリカ最古の蒸溜所の1つという伝統ある蒸溜所です。時代と共に名前が変わることが有名な蒸溜所で、「オールド・ファイヤー・カッパー」「ジョージ・T・スタッグ」「シェンリー」「ブラントン」、そして1999年には現在の「バッファロートレース」と移り変わっていきます。


バーボンを含めウイスキーの蒸溜所を語る上で必ず出てくるのが、アメリカの禁酒法です。1920年に始まった禁酒法では、医薬目的として蒸溜を許可されており、アメリカの国民的なバーボンであったと言えるでしょう。


バッファロートレース蒸溜所では、ブラントンやエンシェントエイジの原酒を製造していますが、「バッファロートレース」として発売しているのは一種類しかありません。年数表記はありませんが、8年以上熟成させた原酒から厳選しボトリングをしています。


日本では国分株式会社から販売されています。

テイスティング

香り

ウッディ感、濃厚なバニラビーンズ。奥にはオレンジピールと果実感が出てくる

マイルドな味わいで、オレンジピール、グレープフルーツのような酸味、ミントを感じさせます。ベースにはウッディ感があり、どっしりとしている。フィニッシュは、爽やかなフルーティ感、バニラビーンズが長く続きます。最後まで残るのはミントのようなさっぱり感

まとめ

ボトルのデザインである猛々しいイメージとは異なり、マイルドさ・爽やかさが際立ちます。

熟成感も感じられ、ストレートでゆっくり飲みたいバーボンウイスキーでもありますね。

評価

香り4.0

煙臭さ1.0

甘さ4.0

バーボンウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント