【レビュー】アメリカ大統領も好んだ味! デュワーズ ホワイトラベル

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。

じめじめと暑くなる季節になってきましたねー。そんな時に飲みたいのは、そうです!美味しいハイボール!!

今回はハイボールに合う「デュワーズ ホワイトラベル」をレビューします。

 

基本情報

種類 スコッチウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40%
価格 1500円

デュワーズとは?

それでは、デュワーズの歴史を見ていきましょう。ポイントは次の3点です。

①息子たちに引き継がれる意志
②アメリカでの大ブレイク
③ダブルエイジ製法


デュワーズの創業者であるジョン・デュワーは、ワインやスピリッツの商店で修行を積み、1846年に独立し「ジョン・デュワー&サンズ社」を立ち上げました。 

ウイスキーをボトリングし、販売することに成功していきます。


ジョン・デュワーの死後は、二人の息子である兄 アレクサンダーと、弟 トーマスに意志が引き継がれていきます。
ロンドン中のホテルやバーにデュワーズの銘柄が置かれ、人気を博していきますが、アメリカで転機が訪れます。
鉄鋼王として名を馳せていたアンドリュー・カーネギーが、当時の大統領であるハリソンにデュワーズの樽を送ったのです。それをきっかけにアメリカ中で大ブレイクし、現在でも愛される一流ブランドとなっていくのです。


デュワーズのキーモルトは、アバフェルディ、クライゲラキ、オルトモア、ロイヤル・ブラックラ・マクダフとされています。
特にアバフェルディは、デュワーズの原酒確保を目的とし、1896年に建設されます。デュワーズの特徴でもあるハニーフレーバーをもたらしています。

デュワーズは、モルトウイスキーとグレーンウイスキーをブレンドし、再度樽熟成を行う「ダブルエイジ製法」を行い、ウイスキー造りに手間をかけています。通称マリッジとも呼ばれるこの製法は、ウイスキーになめらかさと穏やかさ、親しみやすさを付加してくれます。

ラインナップ


現在ではバカルディ・ジャパンから販売されています。業務提携しているサッポロビール系列の飲食店(銀座ライオンなど)には置かれていますね。


・デュワーズ ホワイトラベル

・デュワーズ 12年

・デュワーズ 15年

・デュワーズ 18年

・デュワーズ 25年

デュワーズ ホワイトラベルとは?


デュワーズ ホワイトラベルの誕生は1906年で、禁酒法が解禁されたアメリカで爆発的な人気を博し、現在でも愛される銘柄です。

 

テイスティング

香り

ハーバル感が強め。洋ナシのようなフルーティさ、ほのかなハチミツのような甘さを感じる。

クリーンで柔らかかつ穏やかな風味であり、白ワインのようなエステリー、すっきりとした味わい。フィニッシュは、ほのかなスモーキーとバニラ香。長い余韻ではない。

まとめ


ウイスキーのもつ熟成感やウッディ感はあまりなく、フレッシュな味わいです。フレッシュゆえ、食中酒としてのハイボールが最適でしょう。

暑い夏はデュワーズ ホワイトラベルで越していきましょうー!

評価

香り3.0

煙臭さ2.0

甘さ3.0

スコッチウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント