【レビュー】貴方のためにバラのコサージュを… フォアローゼズ

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。
そろそろ夏が近づいてきましたねー。徐々に暑くなってきていて、まだ身体が慣れません(^_^;)仕事終わりのハイボールが待ち遠しい毎日です(笑)
最近は、格安バーボンにハマっておりまして…今回は「フォアローゼズ」をレビューします。

基本情報

種類 バーボンウイスキー
アルコール度数 40度
価格 1500円弱

フォアローゼスとは?

それでは、フォアローゼスの歴史を見ていきましょう。ポイントは次の3点です。

①薬用蒸留酒としての存続
②10種類の原酒の組み合わせ
③4本のバラの逸話


1888年、創業者のポール・ジョーンズJrが「フォアローゼズ」を商品登録したところから、歴史が始まります。1919年には禁酒法が制定され、多くの蒸溜所が苦境に立たされますが、フォアローゼズは「薬用」として製造を許され、事業の継続が許されました。


1940年代には、カナダのシーグラム社に買収されますが、ウイスキー造りのノウハウが注ぎ込まれ、さらに人気を博していくブランドとなっていきます。2001年にはキリンビールがシーグラム社から買収し、現在では100%キリンビールの子会社となっていて、どのスーパーにも置かれている馴染み深いバーボンとなっていきます。


フォアローゼズの特徴は、5種類の酵母と2種類のマッシュビルから作られる10種類の原酒です。それらを巧みに組み合わせ、華やかなウイスキーを作っているのです。


原材料のコーンは、インディアナ産のデントコーンで、50年以上に渡って同じ農家と契約しています。


フォアローゼズと言えば、4本のバラの逸話が有名ですね。
ある舞踏会で、創業者であるポール・ジョーンズは、絶世の美女に出逢いプロポーズをします。彼女は「どうか次の舞踏会までお待ち下さい。プロポーズをお受けするなら、薔薇のコサージュを付けて参ります。」


約束の舞踏会の夜。彼女の胸には4輪の赤いバラを胸に付けていた…
という、愛が成就したという素敵なエピソードです。ラベルには4輪のバラが描かれていて、このエピソードをモチーフにしています。

ラインナップ


・フォアローゼズ・フォアローゼズ ブラック

・フォアローゼズ プラチナ

・フォアローゼズ シングルバレル


中でも、ブラックとプラチナは日本限定発売であるので、いかに日本の市場を重要視しているか分かりますね。

公式テイスティングノート

香り

フルーツ、フローラル、やわらかなスパイスと蜂蜜の香り。

すっきりと柔らかでなめらかな味わい、フレッシュフルーツ、ほのかな洋梨とアップルの味わい。

フィニッシュ

柔らかく心地の良い長さの余韻。

テイスティング

香り

アメリカやイケアにありそうな、ちょっと癖のある洋菓子の甘さ。クッキー、ビスケット、キャラメルに近いですね。大きな缶に入ったビスケットを開けた時のような香りです。

口に入れた瞬間、唇がピリつくようなアルコール。畑をイメージさせる香ばしさ、コーンの甘みが広がる。鼻から抜けるのはメロン、洋ナシ、グミの風味。

まとめ

フォアローゼズは、まるでクッキー缶のような甘さ・香ばしさが特徴のバーボンです。価格も安いので、毎日晩酌する方におすすめですね!

評価

香り2.0

煙臭さ1.0

甘さ5.0

 

バーボンウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント