キリンウイスキー 陸をレビュー

スポンサーリンク
ジャパニーズウイスキー

どうも、いもらいです。新しいウイスキーが発売されると、ウキウキしながらスーパーやコンビニなど色々なお店を探してしまいますよね(笑)


という訳で、今回は2020年5月19日に新発売された「キリンウイスキー 陸」をレビューします。
…実は、いつも行っているスーパー2,3件を見て回ったのですが中々売っておらず、普段行かない酒屋で何とかゲットしました…(-_-;)ウイスキー人気恐るべし…

基本情報

種類 ジャパニーズウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 50度
価格 約1300円

富士御殿場蒸留所とは?

キリンウイスキー 陸は、「富士山麓」ブランドで有名な富士御殿場蒸留所で製造されています。

富士御殿場蒸留所は静岡県御殿場市にあり、関東からのアクセスがとても良い蒸留所です。気候も涼しく、ウイスキー造りに最適な環境が揃っています。仕込み水は、富士山の伏流水を使っており、原酒に澄んだ味わいをもたらしています。

富士御殿場蒸留所については、以前行った記事があるので、参考に読んでみてください。

キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所に行ってきた

 


「富士山麓」は、樽熟50度(白ラベル)が安価かつ、フルーティな味わいで、人気を博していましたが、2019年3月をもって販売終了となりました。

現在では、「富士山麓 シグニチャーブレンド」が販売されておりますが、価格が5000円程で、普段飲みには向かなくなってしまいました…残念…
そんな中、「富士山麓 樽熟50度」と同様に安価で普段飲みにもいける銘柄が「陸」なのです。

キリン ウイスキー 富士山麓 樽熟原酒50度 [日本 700ml ]
富士山麓 樽熟原酒50度
富士山麓 シグニチャーブレンド

陸とは?


キリンウイスキー陸の気になるところとしては、原材料名です。原材料を見ると、「グレーン、モルト」となっており、モルトよりグレーンが使われているブレンデッドウイスキーとなっています。富士御殿場蒸留所では、世界でも稀な3種類の蒸留器でグレーンウイスキーを製造しています。

・マルチカラム(ライトグレーン)

・ケトル(バランスグレーン)

・ダブラー(ヘビーグレーン)


富士御殿場蒸留所ではグレーンに力を入れているのが分かりますね。そんな訳で、陸はグレーンウイスキーを美味しさの軸として、製造されています。

公式テイスティングノート


香り 

オレンジを想わせる華やかさと共に心地よいウッディ―さ。仄かなバニラ香やスパイシーさも感じられる。

味わい

しっかりとした味厚みが感じられ、樽由来の味わい深さと甘みが感じられる。

余韻

豊かな余韻の後、爽やかな印象とともにきれいにキレる。

テイスティング

香り

最初に現れるのはウッディ、香りの中にシナモンが花開きます。消毒液のような、ツンとしたアルコールも感じます

ファーストインプレッションは、芳醇なウッディ、メロン、洋ナシ。ウッディ感が強く、熟成庫をイメージさせます。グレーンらしい、甘みもあり、飲みにくさは感じられません。

アルコールは強く、舌のピリつきは強いです。全体的な特徴としては、バーボンに近いと言ってもいいでしょう。

フィニッシュは、割とあっさりしていて、ほのかなバニラ香、オレンジピールが続きます。

ハイボール

ストレートでは、ウッディ感が強いのですが、ハイボールにするとオレンジピールやバニラ感が強くなります。ただ、奥にはウッディも感じられますね。すっきり飲みやすいハイボールとなります。

まとめ

「キリンウイスキー 陸」は、ストレート・ロック・ハイボールと多様な飲み方ができる一品です。

同価格帯では、「ブラックニッカ」や「サントリー角」が挙げられますが、バーボンのような甘さが他の銘柄との違いを生み出していますね。

評価

香り3.0

煙臭さ1.0

甘さ4.0

ジャパニーズウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました