アーリータイムズ ブラウンラベルをレビュー

スポンサーリンク
バーボンウイスキー

どうも、いもらいです。

洋画の中で、主人公がやさぐれるシーンで必ず出てくるのが、バーボンウイスキーですね(笑)

マフィアがストレートを一口で飲むシーンはかっこよく見えます。他にも、銃創の手当てにも使われていたり…どんな銘柄かを必ずチェックしてしまうのが癖となっています。


という訳で今回は、有名なバーボンウイスキーである「アーリータイムズ ブラウンラベル」をレビューします

基本情報

種類 バーボンウイスキー
アルコール度数 40度
価格 約1000円

アーリータイムズとは


アーリータイムズは、ブラウンフォーマン社が所有しており、現在はダウンタウンにある蒸留所で製造されています。アーリータイムズは1860年、南北戦争の前年に設立されました。名前の由来は、「開拓時代」という意味で、当時のフロンティアスピリッツをイメージさせますね。


1920年になると、アメリカは禁酒法時代に入ります。禁酒法ではアメリカ国内におけるアルコールの製造、販売、輸送が不可能となります。バーボンウイスキーは暗黒時代を迎えることとなるのですが、医師が処方する医療用ウイスキーとして認可されることになり、国内での人気が高まっていきます。


現在においても、アメリカ国内に留まらず世界で人気を誇る銘柄となっています。長年受け継がれてきたフロンティアスピリッツは、これからも続いていくでしょう。

アーリータイムズ ブラウンラベルとは


アーリータイムズブランドについて、日本ではアサヒビールから販売されております。ラインナップは以下の通りです


・アーリータイムズ イエローラベル

・アーリータイムズ ブラウンラベル


ブラウンラベルは、イエローラベルの原酒に、ブラウンラベル専用の原酒をブレンドしたものです。通常の濾過に加え、ピートをベースにした活性炭の濾過をさらに行うことで、香りは強く、味はまろやかに。オークの香りとコクの深みが際立つ、華やかで繊細な味わいのバーボンとなっています。

テイスティング

香り

香りははっきりとした、カフェオレ、チョコレートクッキー、ビスケット、薬品感が続く。

入れた瞬間に強いアルコール。その後にウッディ、キャラメルのようなコクのある甘みが来る。尖りはなく、まろやかに収まっているフィニッシュは黒糖、キャラメル、歯磨き粉のような感じ。癖のある甘み。

ハイボール

ハイボールにすると、癖がなくなり、飲みやすい甘さとなる。お風呂上りでゴクゴクいけるくらいの飲みやすさ。

まとめ

アーリータイムズ ブラウンラベルは、まさにバーボンと言ったところで、バーボン特有の癖のある甘み、美味しさを感じることができます。おすすめの飲み方はハイボールで、癖がなく飲みやすくなることが特徴でしょう。しかも安いので、普段飲みにも最適!

スーパーやコンビニで広く取り扱っているので、興味があれば是非飲んでみてください。

評価

香り2.0

煙臭さ1.0

甘さ4.0

バーボンウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました