クライヌリッシュ14年をレビュー

スポンサーリンク
スコッチウイスキー

どうも、いもらいです。

皆さんは、飲んだことのないウイスキーを選ぶときに何を参考にしますか?

価格?それとも、レビュー?

私はレビューをしっかりと調べてから購入する慎重派ですが、たまにはラベル買いをしたくなる時があります。

ウイスキーのラベルは、多種多様で、どれもオシャレ。ラベルも、ウイスキーを購入する要素の一つとしてもなるのです。

今回はシンプルかつ、山猫の絵が特徴的な「クライヌリッシュ 14年」をいただきましたので、レビューします。

基本情報

種類 スコッチウイスキー(シングルモルトウイスキー)
アルコール度数 46%
価格 約5000円

クライヌリッシュとは?


クライヌリッシュは、スコッチウイスキーの中でもハイランド地方に属する銘柄です。クライヌリッシュはゲール語で「金色の湿地」という意味です。

蒸留所は、ビーチやゴルフ場などリゾート地であるブローラの外れに位置しています。クライヌリッシュ蒸留所は1819年にサザーランド侯爵が設立し、1967年には新しい蒸留所が近くに建てられました。新しい蒸留所をクライヌリッシュと名付け、旧蒸留所はブローラと名付けられました。ブローラは現在閉鎖しています。ウイスキー原酒の95%は、ブレンデッドウイスキー用に生産されており、ジョニーウォーカーなどのキーモルトとなっています。

ラベルは白地に山猫が描かれているシンプルなデザインです。スコットランドには山猫が生息していましたが、現在は絶滅危惧種となっているようです。

テイスティング

香り

濃厚なハチミツ、メープル。糖分を感じる香り。石鹸。

ファーストインプレッションは、ハーバルが強め。ウッディ、ハチミツの甘さがじんわりと出てくる。ピートはあまり感じず、優しすぎることもなく、香りの印象に反して、アルコールは強め。舌がピリつく感じで二面性を感じる。フィニッシュは、複雑な甘さを感じ心地よい。

まとめ

クライヌリッシュ14年は、ハイランド地方のウイスキーとしてはフローラルで飲みやすい銘柄です。力強いピートを感じたい!という方には向いていませんが、飲みやすいシングルモルトウイスキーを探している方にはおすすめですね。

評価

香り4.0

煙臭さ1.0

甘さ4.0

スコッチウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました