【レビュー】まずはコレ!スコッチ最初の一歩! バランタイン ファイネスト

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。最近は、格安ウイスキーでハイボールを作るのが趣味の私ですが、今回は「バランタイン ファイネスト」をチョイスしてみました!


バランタイン ファイネストは初めて飲むウイスキーではなく、何度かボトルを購入しているウイスキーですが、レビューするのは初めてです。


安く(1000円台)、スコッチの基本を楽しめるのはバランタイン ファイネストに決まりです!その歴史と、テイスティングをまとめてみました。

基本情報

種類 スコッチウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 1390円

バランタインとは?


1827年、創業者のジョージ・バランタインは18歳の若さで食料雑貨品を開きました。これが、バランタイン社の前身となります。その後、評判の良さからグラスゴーに進出し、大繁盛していきます。1853年に、アンドリュー・アッシャーが様々なモルト原酒をブレンドした、ヴァンティッドモルトウイスキーを製造します。これに影響を受けたジョージ・バランタインはウイスキーの製造に取り掛かります。その後、王室御用達の得て、世界的に人気を博していくことになりました。

マスターブレンダーの存在


バランタインをはじめ、高品質なブレンデッドウイスキーを作るためには原料だけでなく、風味を決めるブレンダーの存在が不可欠です。バランタインにおいても、何代も続くマスターブレンダーがバランタインの味を守ってきました。「バランタインのマスターブレンダーになることは、一国の首相になることよりも難しい」とも言われており、超一流のブレンダーによって最高のブレンデッドウイスキーが生まれているのです。


現在では、5代目のサンディー・ヒスロップが引き継いでおり、最近では「バランタイン クリスマスリザーブ」の監修を務めました。

バランタイン クリスマスリザーブをレビュー


歴代のマスターブレンダーは、「超」が付くほどのウイスキーの達人です。中でも、4代目のロバート・ヒックスは4000酒類の香りを嗅ぎ分けることができ、「The Nose」とも呼ばれていました。

バランタイン ファイネストとは?


バランタインのラインナップは、以下のとおりです。


・バランタイン ファイネスト

・バランタイン バレルスムース

・バランタイン 12年

・バランタイン マスターズ

・バランタイン 17年

・バランタイン 21年

・バランタイン 30年


他にも期間限定で、クリスマスリザーブや、ハードファイアードなども販売されました。
特にバランタインファイネストは、価格が1000円と、バランタイン初心者・スコッチ初心者に向いているウイスキーです。キーモルトは、ミルトンダフ・グレンバーギー・ロングモーン等の原酒を使っており、華やかな特徴を生んでいます。

テイスティング

香り

若いアルコール・溶剤・奥にメープルのような甘さ

クルミのようなコクが最初に来ます。その後、じわっとバニラが口の中を包み込む。

口に入れた瞬間はアルコールの強みを感じませんが、飲み込んだ後にアルコールが強調され、舌をピリつかせます。

余韻はバニラ・メープル。

ハイボール

飲み口はあっさり。バニラエッセンスのよう。喉を過ぎるとスコッチのコクとほのかなピートが広がる。

まとめ

バランタイン ファイネストは背伸びせずスコッチウイスキーを楽しむには最適なウイスキーです。ハイボールだけでなく、オン・ザ・ロックでも美味しくいただけます。ストレートで飲む場合、高価格帯のシングルモルトウイスキーと比較すると風味は落ちます。しかし、この価格帯でストレートが飲める銘柄は限られていますので、中々高品質・高コスパの銘柄と言えるでしょう。

評価

香り2.0
煙臭さ1.0
甘さ3.0
スコッチウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント