【レビュー】国産第一号ウイスキー!サントリーウイスキーホワイト

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。

最近は、1500円以内に買える庶民派ウイスキーで自家製ハイボールを作っている毎日です(笑)

若く強いアルコールに、ウィルキンソンの強炭酸が合うのです!


さて、今回はサントリーウイスキーホワイトを開けたので、レビューをまとめました。

基本情報

種類 ジャパニーズウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 約1200円

サントリーウイスキーホワイトとは?


今でこそ日本のウイスキーと言えば、「山崎」や「白州」などが世界的にも有名ですよね。そんなジャパニーズウイスキーの原点とも言えるのが、「サントリーウイスキーホワイト」なのです。


寿屋(今のサントリー)の創業者である鳥井信治郎が、新たな事業として立ち上げたのが、ジャパニーズウイスキー造りです。

ドラマ「マッサン」のモデルとなった竹鶴政孝を招き、国産ウイスキーの製造を始めました。そして、1929年に国産ウイスキー第一号として販売されたのが、「サントリー白札」今でいうサントリーウイスキーホワイトなのです。


そんな、サントリー白札ですが、「ピートが強すぎる」と不評の声が多かったようですね。

竹鶴は、本場スコッチウイスキーの蒸留所で修業をしたため、日本人の舌に合わない風味となったのでしょう。

しかも、今のようにハイボールが人気という時代でもありませんので、一般家庭で飲まれることは少なかったのです。


そんな失敗から研究を重ね、「サントリー角」や「山崎」など世界に名を馳せるウイスキーとなっていきました。

テイスティング


現行で販売されている「サントリーウイスキーホワイト」は、初代とは異なりピートの焦げ臭さが少なく、日本人の好みにあったウイスキーとなっています。

 

香り

軽やかでクリーンな香り。若さを感じるアルコールの香りがします。

舌がキュッとなるようなアルコールの強さが初めに来ます。

アルコールを過ぎると、これといった強みはありませんが、バランスよくマイルドなグレーンの甘さを感じる余韻。全体的にさっぱりとした印象ですね。ストレートで飲むには向いてないが、食事の邪魔をしない食中酒です。

ハイボール

きつく感じたアルコールが、ハイボールにするとちょうどよい濃さに。白州までとは言わないが、さっぱり感を際立たせます。

まとめ

まさに、ジャパニーズウイスキーの元祖とも言える「サントリーウイスキーホワイト」ですが、現在ではだいぶ飲みやすく改良しています。1929年に販売されたブレンドや作り方でも飲んでみたいですねー。
現行品は、ストレートで飲むには不向きなので、ハイボールで食事と一緒に飲むことをおすすめします。

評価

香り2.0
煙臭さ1.0
甘さ2.0
ジャパニーズウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント