【レビュー】富士の流水が作り出したウイスキー!富士御殿場蒸溜所 ピュアモルト

スポンサーリンク

どうも、いもらいです!
先日、静岡県御殿場市にある「キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所」に行ってきました!
行った感想はこちら「キリンディスティラリー 富士御殿場蒸溜所に行ってきた

 

そこで、お土産として買った「富士御殿場蒸溜所 ピュアモルト」をレビューします。

基本情報

種類 ジャパニーズウイスキー(ピュアモルトウイスキー)
アルコール度数  40度
価格 3550円

ピュアモルトウイスキーとは?

そもそも、ピュアモルトウイスキーってあまり聞かないですよね。
シングルモルトウイスキーは、1つの蒸溜所(シングル)で作られた、大麦麦芽を原料とした(モルト)原酒のみを使ったウイスキーです。
それに対し、ピュアモルトウイスキーは、複数の蒸溜所で作られた、モルト原酒のみを使ったウイスキーを指します。海外では、ブレンデッドモルトと呼ばれています。

ピュアモルトウイスキーという名前は、日本独自に使われていて、純粋に(ピュア)モルト原酒のみを使っているとアピールするために呼ばれていて、マーケティングの要素が強いです。

今回紹介する「富士御殿場蒸溜所 ピュアモルト」については、富士御殿場蒸溜所のみで作られたシングルモルトウイスキーと言ってもいいでしょう。

富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキーとは?   

富士御殿場蒸溜所では、富士山麓シリーズがメインのブランドです。現在では終売してしまった、「樽熟50°」(白ラベル)や、後継として販売されている「シグニチャーブレンド」(黒ラベル)など、ライトでフルーティな印象のウイスキーですね。

富士山麓 シグニチャーブレンドをレビュー

 

そんな、「ライト」「クリーン」「フルーティ」といった、飲みやすさをさらに体現したのが「富士御殿場蒸溜所 ピュアモルトウイスキー」なのです。  

原酒は、「ケトル」と呼ばれるグレーンウイスキー用の蒸留器を使うことにより、よりスッキリと柔らかい風味を作ることができます。それに様々なモルト原酒をブレンドすることにより、グレーン原酒を使わなくてもバランスが取れたウイスキーとなります。

テイスティング

香り


濃厚なハチミツのような甘さ。アルコールや、ピートなどウイスキーを感じさせる香りはなく、クリアでスッキリとした甘み


洋ナシ、ハチミツを思わせるスイーツ感であるが、重さはありません。全体的に柔らかく、アルコールの強みは感じさせず、ライトな印象ですね。
フィニッシュは、ハチミツ、花の蜜、ハーバルを感じさせる甘さが広がります。
ピート感はないため、ウイスキー初心者・女性に向いているかも。

まとめ


富士御殿場蒸溜所ピュアモルトウイスキーは、富士御殿場蒸溜所か、公式オンラインショップでしか購入出来ません。
3550円と手が届きやすい金額ですし、飲み口も軽いので、蒸溜所見学でウイスキーに興味を持った人には最適ですね。

評価

香り4.0
煙臭さ1.0
甘さ4.0
ジャパニーズウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント