【レビュー】あざといブラックニッカ!ブラックニッカ リッチブレンド

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。


2020年1月に、ニッカウヰスキーの「竹鶴」が一部原酒不足による販売終了となってしまいました。ジャパニーズウイスキーの人気が国内だけでなく、海外にも評価されているのは嬉しいことですが、寂しい気持ちもあります。今飲んんでいるジャパニーズウイスキーも、数年後には飲めなくなってしまうのでしょうか…


不安にはなりますが、とりあえず飲めるときに飲む!


そんなわけで、同じニッカウヰスキーが製造している「ブラックニッカ リッチブレンド」をレビューします。

基本情報

種類 ジャパニーズウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 1000円~1200円

 

ブラックニッカとは


初代ブラックニッカは、1956年にモルトウイスキーと中性スピリッツを配合したウイスキーとして販売されました。1956年には、モルトウイスキーに熟成させたカフェグレーンを加え、まろやかさが加わっていきます。

カフェグレーンとは、とうもろこしを原料とし、カフェ式連続式蒸留器で作られたグレーンウイスキーを指します。グレーンウイスキーの甘さにより、より飲みやすく芳醇なウイスキーとなっていきます。


その後、「ブラックニッカ クリアブレンド」を主力とし、「リッチブレンド」や「ディープブレンド」など派生商品が販売されています。最近では、数量限定のウイスキーも販売されていて、話題を集めています。
ブラックニッカ ディープブレンドナイトクルーズをレビュー


また、ブラックニッカはハイボールにとても合う風味で、350ml缶でも多く販売されていますね。

ブラックニッカ リッチブレンドとは


ブラックニッカ リッチブレンドは、主力商品である「ブラックニッカ クリアブレンド」の派生商品です。 「ブラックニッカ クリアブレンド」は、スタンダードでバランスが取れているのに対し、クリアブレンドはシェリー樽モルトをキーとしていて、より奥深い甘さが強調されています。フルーティーさと樽の香りがブレンドされていて、リッチな印象を与えています。

テイスティング

香り

グレーンらしく、コーンフレークのような香りが強い。奥には、果実のようなフルーティさもあります

全面に来るのは、若く強いアルコール。舌の上で転がすと、洋ナシのような味わいが広がり、香りと同じコーンの甘さが出てきます。

アルコールは強めなので、舌がピリついてきます。
フィニッシュは少し薄いが、フルーティさが残る印象。

まとめ

ブラックニッカ リッチブレンドはフルーティな香りの反面、アルコールの強みや、余韻が少ないのが特徴です。ただ、1000円弱で買えるウイスキーとしては、クオリティが高いため、食後にストレートで飲むよりかは、ハイボールやロックで飲むのがいいでしょう。

評価

香り2.0
煙臭さ1.0
甘さ3.0
ジャパニーズウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント