サッポロビールの今と昔を知ろう!サッポロビール博物館に行ってきました

スポンサーリンク

どうも、いもらいです。
世間ではコロナウイルスが毎日のようにニュースされ、観光を控えている傾向の中、札幌市にあるサッポロビール博物館に行ってきました!

アクセス


サッポロビール博物館は、函館本線「苗穂駅」が最寄り駅です。苗穂駅からは徒歩8分ほどで、途中にあるショッピングセンター「アリオ札幌」の中を突っ切ると近いですね。
札幌駅から各駅で一駅という立地の良さなので、札幌駅からバス・タクシーでもいいです。


サッポロビール博物館とは?


サッポロビール博物館は日本で唯一の、ビールに関する博物館です。ビール好きの方はもちろん楽しめますし、北海道遺産に認定されている貴重なレンガ造りの建造物を見るだけでも、行く価値があります。  
サッポロビール博物館の見学は有料(500円)のプレミアムツアーと、無料見学があります。せっかくなら、プレミアムツアーを選びましょう!試飲を含め500円以上の価値があります。

プレミアムツアーはどんな感じ?


所要時間 50分(試飲含む)参加費 500円
プレミアムツアーはネット予約可なので事前に予約しておくことをオススメします。
受付を済ませると、3階のウェイティングルームに向かいます。ここで参加者の集合を待つのですが、黒を基調としていてスタイリッシュ!サッポロビールの歴史のムービーも流れていました。
さて、定刻になるとガイドさんが現れます。ツアーの初めは、6Kのプレミアムシアターで見るサッポロビールの歴史です。このムービーを見れば歴史の大体が分かりますね。 明治期の「海外に負けない!」というものづくりの精神は、心を熱くさせますね。


シアターを見終わると、館内のガイドに移ります。ここからは、無料の自由見学と同じエリアを回るのですが、ガイドさんの分かりやすい説明が加わり頭にすんなりと入ってきますね。ホップの香りを嗅いだり、ちょっとしたクイズなど、参加者を飽きさせない工夫がされていますね。私が参加した時は、外国人の参加者もいたのですが、言語に対応したパネルが用意されていました。時間の都合上、サクサク進んでしまったり、他の参加者で展示物が見えにくかったりしますが、ツアー後も来れます。


展示物の説明が終わると、お楽しみの試飲です!


試飲の会場であるスターホールに着き、ビールを受け取り着席します。自由見学の方も有料で試飲が出来るのですが、ツアー参加者の分は席が確保されています。席取りをする必要もありません。


試飲するビールは2種類

・復刻札幌製麦酒

・サッポロビール黒ラベル


復刻札幌製麦酒は、プレミアムツアーの参加者しか飲めません。ここまで特典を伝えたら、プレミアムツアーにしますよね(笑)


乾杯を終えると、いよいよテイスティング。


復刻札幌製麦酒は、濁りがあるのですが、さっぱりとした飲みごたえで、クセがありません。ビールが好きじゃない友人も美味しいと飲んていましたね。現行のサッポロ黒ラベルとは全然違う風味を味わえます。まぁ、黒ラベルも美味しいんですが!



試飲をしていると、ちょっとしたイベントが…それは、ガイドさんが実演する「美味しいビールの注ぎ方」です。お酒も入っていて、詳細な注ぎ方は覚えていないのですが、普段見るビールより美味しそうに見えました。希望者に、ガイドさんが注いだビールをプレゼントしてもらえるのですが、感想を求められます(笑) 以上までがプレミアムツアーです。ミュージアムショップもあるので、お土産にするのもありですね!私はおつまみを買いました。  

ジンギスカンも美味しいサッポロビール博物館


サッポロビール博物館には、レストランが併設されています。全てジンギスカンをメインとしたレストランで、お店の雰囲気や価格帯などが少し異なります。私が行ったのは、ケッセルホールというメインのレストランです。ケッセルホールでは、ジンギスカンの食べ放題メニューが選べます。食べ放題では、生ラムや、牛カルビなど注文することができ、飲み放題にすることができます。私は、スタンダードなキングバイキングを選択しました。価格は、税込み3410円で、お得にジンギスカンの食べ放題を味わえます。ジンギスカンとビールの組み合わせは最高で、つい3杯も飲んでしまいました(笑)飲み放題しておいた方が無難ですね…

まとめ


サッポロビール博物館では、ビールについて学び、ビールを飲め、ジンギスカンも満喫できるという、充実感MAXの場所です。家族で行っても、友人同士、恋人同士でも楽しめるので、北海道旅行の際は、是非訪れてみてください。

その他
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント