ジョニーウォーカー ワインカスクをレビュー

スポンサーリンク
スコッチウイスキー

どうも、いもらいです。

今回は、ジョニーウォーカーのレビューです。ジョニーウォーカーと言えば、世界で最も飲まれているジョニーウォーカー黒ラベル(通称 ジョニ黒)が有名ですね。では、白ラベルのジョニーウォーカーは知っていますか?
白ラベルのジョニーウォーカーは、ワインカスクと名付けられており、同じジョニーウォーカーでもジョニ黒とは風味が全く異なります。
そんなワインカスクを買ってみたのでレビューをまとめました。価格の割に上品な印象のウイスキーで、普段飲みにもおすすめです。

基本情報

種類 スコッチウイスキー(ブレンデッドウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 1,500円~2,000円

ジョニーウォーカーとは?

ジョニーウォーカーは、世界で最も売れているスコッチウイスキーです。スーパーの洋酒売り場に必ず売っていると言っても過言ではないでしょう。ジョニーウォーカーは、スモーキーな味わいが魅力であるジョニ黒が有名ですね。また、斜めのラベル・イギリスをイメージさせるシルクハットのキャラクターがお洒落です。

ワインカスクとは?

ウイスキー作りには必要不可欠で、ウイスキーの味を司るのがブレンダーです。ブレンダーは、何十種類の原酒をブレンドして、1つのウイスキーとして調和させる、まさに「指揮者」のような役割があります。ワインカスクでは、珍しく女性がブレンダーとして全体の指揮を行っています。名前は、エイミー・ギブソン。ウイスキーだけでなく、ワインにも精通しているスペシャリストです。そんな彼女が、ワインのように食事と一緒に楽しめるように…という想いを形にしたのがワインカスクです。
ワインカスクでは、その名のとおりワインの熟成樽をウイスキーの熟成に使用しています。ワイン樽を使うことによって、ワインのような果実の深み・甘さがウイスキーの原酒を彩るようになります。

テイスティング

香り

溶剤のような香りが始めに来て、その後に青りんごのような甘くフルーティな香りがします。バーボンのバニラ・メープルのような香りはあまり感じず、ワイン樽を使っているためかワイン・ブランデーに近いです。

味わい

口に含むと香りの印象とは異なり、樽のウッディ感が強くなります。ウッディ感を過ぎると、香りと同じく青りんごのような果実感があり、酸味のないブルーベリーのような要素もある。
フィニッシュは、アルコールの強さを感じず、すっとした甘みが爽やかに広がります。
ワインカスクでは、食事とのマリアージュを楽しめるコンセプトでしたが、フルーティさが強く、食中酒として飲むのはもったいないです。食後にゆったりとストレートかロックで。おつまみは、風味が似ているドライフルーツが合いそう。
フルーティで飲みやすい分類に入るため、飲み過ぎには注意。

まとめ

ワインカスクのフルーティさは、まさしく女性のように、華やかで優しく包まれる感覚を味わえます。普段、ワインは飲むけどウイスキーはちょっと…という方におすすめの1杯ですね。

評価

香り2.0
煙臭さ1.0
甘さ5.0
スコッチウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました