【レビュー】一度飲んだら癖になる!アードベッグ10年

スポンサーリンク


どうも、いもらいです。9月に私は誕生日を迎えたのですが、最近、私へのプレゼントはウイスキーが定番となってきました(笑)今年、父親からアードベッグ10年をプレゼントされたので、レビューを書きました。…ほんとは、リクエストしたんだけどね(笑)

基本情報

種類 スコッチウイスキー(シングルモルトウイスキー)
アルコール度数 46度
価格 5,500円~6,000円

アードベッグとは?


アードベッグは、シングルモルトスコッチウイスキーに分類されます。スコッチウイスキーはさらに地域が細かく分かれており、アイラウイスキーに該当します。アイラウイスキーは、8つ蒸留所があり、海の近くに位置しているため潮の香り、ピートの香りが強く癖が強いウイスキーですが、ファンが多いウイスキーです。アードベッグは中でもフェノール値(ピート…煙臭さを表す数値)が高く、好みがわかれるウイスキーと言えるでしょう。

アードベッグ蒸留所

アードベッグ蒸留所は1815年に創業されましたが、何度もオーナーが変わっており、生産休止に追い込まれることもありました。1997年にモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン社が買収してよみがえりました。年間生産能力はアイラウイスキーの中では少ない方ですが、75%はシングルモルトやブレンデッド用で、残りの25%がシーバスリーガルやバレンタインの原酒用に使われています。

テイスティング

香り

一言で言えば正露丸。ピーティーかつ潮臭さが特徴。燻した煙を嗅いでいる印象。煙が見えてくる香り。

口に入れた瞬間、アルコールよりも強いピートの香り、風味が口の中に広がる。鼻に抜けるのは、煙臭さ。舌で転がすとアルコールが舌をピリリと刺激する。
余韻は、マイルドさが出て、優しい風味に包まれる。鼻の奥はまだ煙が満たされている感じであるが、ほのかな甘みを感じる。

まとめ

普段、アイラモルトは飲まないのですが、スモークの奥にある甘みが好きになるのでしょう。
シングル1杯で十分の重厚感。ちびちび飲むのが至高!
おつまみは、スモークチーズが最適ですね。

評価

香り4.0
煙臭さ5.0
甘さ2.0
スコッチウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント