グレンフィディック12年をレビュー

スポンサーリンク
スコッチウイスキー

どうも、いもらいです。

夏の暑い日々をどうお過ごしでしょうか。暑い日にはビールをゴクゴクと…もいいですが、ウイスキーをおすすめします。

まぁ、ウイスキーを紹介するブログなんで、想像はついたかと思いますが(笑)

今回は、暑い夏にピッタリなグレンフィディック12年を紹介します。

基本情報

種類 スコッチウイスキー(シングルモルトウイスキー)
アルコール度数 40度
価格 3500円

グレンフィディック12年とは

グレンフィディック12年は、世界で最も売れているシングルモルトウイスキーと言われています。
シングルモルトウイスキーは、1つの蒸溜所で作られたウイスキーを指します。様々な蒸溜所のウイスキーをブレンドしたブレンデッドウイスキーと比べ、蒸溜所の個性が強いのが特徴です。

ウイスキー好きには、シングルモルトウイスキーが多く、シングルモルトウイスキー専門のバーもあります。


シングルモルトウイスキーは、ブレンデッドウイスキーと比べて高価であることが多く、4、5000円出さないと買えません。しかし、グレンフィディック12年は約3000円でスーパーに売られており、一番買いやすいシングルモルトウイスキーですね。

テイスティング

色 

やや薄くライトな色合い。カラメル感はなく、爽やかさが見ても分かります。

香り 

ピートさは感じられず、ナチュラルな甘さを感じます。

ハーバル、フルーティーといった香りが強めで、飲みにくさは感じられません

風味

最初に、香りの印象よりも強いアルコールが来ます。強いと言っても、キツく飲みにくくはありません。アルコールの感じは若めです。口の中で転がすと、フルーティーかつ軽やかな甘み。不快なアルコール感がなくなり、柔らかく舌を包み込むイメージです。
フィニッシュは、甘みと一緒にウッディさが出て来て、熟成感を感じられます。
白州と近いイメージを持っていましたが、白州が森なら、グレンフィディックは草原のようなイメージ。飲みやすさはあるものの、しっかり優等生してない感じですね。 

まとめ

グレンフィディック12年は、スーパーで手頃な値段で買え、かつ飲みやすいシングルモルトウイスキーですね。ウイスキーが初めての人にもおすすめでき、宅飲みで、とりあえず一本買うのにもいいですね。

評価

香り4.0
煙臭さ1.0
甘さ4.0
スコッチウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました