ウイスキーをストレートで飲む楽しさを紹介!

スポンサーリンク
その他


どうも、いもらいです。皆さんはウイスキー飲んでますか?私のブログは、ウイスキーを飲みながら斜め読みしてもらっても結構ですので。むしろ、歓迎します(笑)
さて、今回はいもらいのウイスキーの飲み方についてお話していきます。


ウイスキーの飲み方は、人それぞれてす。百人いれば百人違います。ストレートや、ロックなどの飲み方だけでは、限りはありますが、銘柄・場所・気分によっても変わってくるため無限大の飲み方があるでしょう。


私の飲み方は、9割ストレートです。残りの1割はロックですね。なぜ、ストレートが好きなのか魅力をまとめました。

①ありのままのウイスキーを飲める

ストレートで飲むと、大体のウイスキーはアルコールが強く下がピリつき、喉が熱くなります。ウイスキーが嫌いな方は苦手なところでしょう。でも、それがウイスキーの本来の姿であるのです。ハイボールにするとアルコールの強みはなくなり、飲みやすくはなりますが、本当の姿ではない…言わば猫を被っているのです。
私はウイスキーと正面からぶつかり腹を割って話したい質なんです!…こんな私は変ですか(笑)?

②ウイスキーの複雑さを味わえる

ウイスキーの面白さのに一つでもある「複雑さ」を味わうにはストレートが一番ですね。口に含んだ瞬間、口の中で転がした際の味の変化、飲み込んだ一瞬の風味、鼻を抜ける余韻…それぞれ全く同じものはありません。ロックやハイボールですと、ウイスキーの尖った部分が丸くなってしまいます。そこも含めて楽しむのがストレートの良さです。

③ストレートは思ったより酔わない 

ストレートというと、アルコール度数40%をそのまま飲むわけですから、他のお酒よりも酔いやすいと思われがちですが、そんなことありません。ストレートで飲む際は、アルコールの強さからガブガブ飲むことができず、チビチビとなってしまいます。シングル(30ml)を30分かけて飲むこともあります。むしろ、アルコール度数9%のストロング缶を飲んだ方が酔いやすいですね(笑)

まとめ

今回、ストレートの良さをまとめましたが…


自分の好きな飲み方で飲んで欲しいです 


好きなウイスキーを好きな飲み方で飲んで欲しいのです。私だってハイボールもロックも飲みますし、大好きです。ウイスキーについては、「自由」であってほしいのが、私のお願いですね。
ストレートも良いので是非…(笑)

その他
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました