ウイスキーを買うならどこがいい?販売店の特徴をまとめてみた

スポンサーリンク


どうも、いもらいです。皆さんは、ウイスキーをどこで買いますか?私はスーパーがメインなのですが、販売店によって取り扱っている銘柄が異なります。今回は、販売店の特徴をまとめてみました。

①コンビニ

買いやすさ 5.0

バリエーション 1.0


コンビニには、ビール、ワイン、焼酎等幅広いお酒を扱っています。もちろん、ウイスキーも扱っていますね。大体、サントリー角や、ブラックニッカなど低価格なジャパニーズウイスキーが売られています。また、小瓶に入っているものも多く、旅行先や出張先で重宝しますね。

②スーパー

買いやすさ 5.0

バリエーション3.0
コンビニの次に、買いやすいお店がスーパーです。コンビニよりも商品スペースが広くバリエーションも増えます。
スーパーだと、定番どころの五大ウイスキーはありますね。価格は、千円〜5千円のものが多く、手に取りやすいです。また、スーパーによっても取り扱っている銘柄が全然違います。試しに、近所のスーパーを何店舗か回ってみるといいでしょう。


ちなみに、スーパーと言っても成城石井は別格です。1万円を越える高級ウイスキーもあり、スーパーとデパートの間くらいですね。

少し似たお店として、カルディがありますが、ウイスキーの取り扱いはありません。主にワインを扱っていますね。おつまみを買うのにはいいでしょう!

③デパート

買いやすさ 3.0

バリエーション4.0
デパートにあるリカーの品揃えは、とても豊富で、あまり見かけることのない希少なウイスキーも取り扱っています。また、数量限定でスーパーに出回らない銘柄が売っていることもあります。買わなくても、「これ知ってる!」「聞いたことがある!」などウイスキーの勉強になりますね。

④家電量販店 

買いやすさ 4.0

バリエーション 3.0
最近熱いのが家電量販店です。ヨドバシカメラやビックカメラでは、お酒の販売を始めていて、多くの店舗で実施しています。お酒のバリエーションは、デパートほど多くありませんが、スーパーでは見かけないシングルモルトウイスキーなど扱っています。また、試飲が出来るところもあるため、チェックしておきたいところですね。

⑤Amazonなどのショッピングサイト

買いやすさ 5.0

バリエーション5.0
ショッピングサイトでもウイスキーを取り扱っていますね。手軽に買える上、希少なお酒も売られていているので、最強のお店と言えるでしょう。
しかし、数量限定など希少なウイスキーは、業者に値段を引き上げられているのもあるため、値段に注意は必要です。

まとめ


今回はウイスキーの販売店についてまとめてみました。今では、ネットショッピングでいつでも買えますが、あえて店舗を見て回るのも、面白いですね。自分の知らないマイナーな銘柄と出会うこともあり、おすすめです。

その他
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント