スカッシュを広めたい!その魅力をご紹介!!

スポンサーリンク
その他

皆さんはスカッシュというスポーツは知っていますか?「名前は聞いたことあるけど、よく分かんない」という方向けにスカッシュの魅力を伝えていきます。きっと、スカッシュに興味を持って始めようと思うでしょう。

スカッシュとは


四面を壁で囲まれたコートの中で、小さなゴムボールを打ち合うスポーツです。壁打ちのテニスをイメージすると分かりやすいでしょう。ちなみに、ボールの大きさは直径4cmでピンポン玉と同じくらいの大きさです。ラケットはテニスラケットより一回りほど小さくコンパクトです。そのため、女性や子どもでも振りやすいラケットですね。

wikipedia

簡単にルール説明


基本、テニスと同じく1バウンド以内に返さないと、相手のポイントになってしまいます。テニスと違うのはネットを越える必要がなく、1回でも前の壁に当てればいいのです(細かく言うと、当てなければいけない高さはあります)前の壁に当たればどんな球を打っても構いません。横の壁に当てたり、後ろの壁に当てて、前の壁に当てればいいのです。

スカッシュの魅力

①老若男女、球技未経験者、運動が苦手な方も楽しめる


スカッシュの一番の魅力は、幅広い方が楽しめるスポーツであるというところでしょう。私が通ってるスクールには小学生から還暦近い方まで在籍しています。力も必要ないので、女性でも簡単にボールを飛ばせます。
ちなみに私は、スクールに通って3年目です。球技未経験で始め、最初は空振りばかりでした。今では速い球を打ったり、テクニカルな球も打つことができます。人より運動音痴な私でも楽しめるスポーツです。
スクールについて、詳しく紹介すると…私が在籍しているクラスは、他に50代の男性、女性(ちょっとふくよか)がいて、同時にコートに入り練習しています。ゲーム形式で一緒に練習することもあるのですが、年齢の差を忘れさせる程強い球を打ってきます。スカッシュに力も年齢も関係ありません!

②テニスよりも運動量が多いスポーツ!


正直言うとスカッシュは「ハード」なスポーツです。コートが小さいからと甘く見てはいけません。何と運動量は、テニスの2倍とも言われています。


激しすぎて筋肉が減る?


スカッシュのトップ選手は筋肉ゴリゴリのアスリート体型の方ばかりでありません。そこそこ脂肪がある方も結構います。それは、スカッシュの運動強度が高すぎて、筋肉が減ってしまっているのです。なので、選手は筋トレを欠かさずやっているようですね。
スカッシュは激しくてムリ…と思わないでくださいね。あくまでも、プロを目指したら…の話です。趣味で楽しくやる分に関しては問題ないでしょう。まぁ、一時間もやればヘトヘトになるんですけどね(笑)

③初心者でも様々なショットが打てる 

スカッシュの面白い所は、4面の壁を使って様々なコースの球を打つことができることです。スカッシュの基本ショットは次のとおり

  • ストレート(真っ直ぐ壁に当たり、真っ直ぐ帰ってくる球)
  • クロス(反射角を利用し逆サイドに打つ球を)
  • ボースト(横の壁に当て、軌道をずらす球)


スカッシュならではのショットは、ボーストですね。横の壁に当てる角度を変えれば、軌道が変わるショットが打てます。逆に打たれることも多いので、壁に当たる角度を見て、着地地点を読む必要があります。身体だけでなく、頭もよく使うスポーツですね。


紹介したショットを読んで、難しいかもと思うかもしれません。ただ、初心者クラスでも教えられるくらい、基本的なショットなので、すぐに習得ができます。

まとめ

スカッシュの魅力は、次の3つ。

①老若男女、球技未経験者、運動が苦手な方も楽しめる

②テニスよりも運動量が多いスポーツ!

③初心者でも様々なショットが打てる


魅力を感じるには、実際にやっている所を見るに限ります。You Tubeで「スカッシュ」と検索すれば、イメージは膨らむと思います。
興味を持ったらすぐに始めてみましょう!一緒に打てることを楽しみにしてます。

その他
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました