ウイスキー好きとなったきっかけ

スポンサーリンク
その他

ウイスキーとの出会い 


毎月2本のウイスキーを飲み、最近はブログにウイスキーの記事を上げているほど熱が入っているウイスキーですが…出会いは「最悪」でした。


ウイスキーを初めて飲んだのは、大学生の時。サークルの合宿の罰ゲームとなったのがブラックニッカのショット一気飲みです。今思えばアホなことしてたなーとも思いますが、若かったのでしょう。男気ジャンケンという、当時のバラエティー番組で流行っていた、「ジャンケンの勝者」が罰をくらうというものですが、男気を見せるため「嫌だ」「やりたくない」と弱気を見せてはいけません。


男気ジャンケンで見事勝ち抜いてしまい、ブラックニッカを飲み干します。舌が痺れ、喉が焼け付く感覚…ウイスキーは飲み物じゃないと思うくらい最悪の印象を受けました。

白州との出会い


そんな最悪な出会いをしてから、数年。家族旅行で山梨に行きました。そこで訪れたのが白州蒸留所です。工場見学は好きだったので、ウイスキーは関係なく楽しめるなと思い行きました。

dav
dav


白州では、約60分の工場見学をしました。発酵槽や、ポットスチル、樽を間近で見学しましたが、夢中で写真を撮っていましたね。※見学中は写真OK

dig


工場見学の終わりに試飲会があります。製造過程を見て、実際に作られたものを飲めるのですが、試飲の段階になるとテンションが上がっています。蒸留し樽の中で何年も成熟した白州はどんな味なんだろうと…


そこで試飲した白州の味は忘れることがないでしょう。無色透明だったニューポットが色付き、様々な香りが感じられます。白州及びウイスキーを飲み慣れなかった私でも、ピート感、フレッシュさを感じました。一口飲むと喉が焼ける感覚はありましたが、すんなりと身体に染み込み、鼻から抜ける爽やかでフルーティな香りは、ウイスキーを「嫌い」から「好き」に変える理由としては有り余るほど。

dav


そんな訳で、スーパーに売ってる格安のウイスキーから飲み始め、ウイスキーをもっと知ろう!となったのです。

一番好きなウイスキー

一番好きなウイスキーは?と聞かれたら、迷わず「白州」と答えます。理由は言わずもがな。ウイスキー好きとなったきっかけを作ってくれた1品ですからね。
そんな白州も品薄状態。手に取ることは難しくなりましたが、ウイスキーが苦手、飲んだことない人に一番薦めたいウイスキーですね。

あとがき


白州の話をしたら、白州が飲みたくなりました(笑)

その他
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント

タイトルとURLをコピーしました