【レビュー】潮香る海にあなたを連れて行く…ブラックニッカ ディープブレンドナイトクルーズ

スポンサーリンク

いもらいの評価

希少度 3.0

特徴 ピートの風味・潮っぽさ

基本情報

商品名 ブラックニッカ ディープブレンドナイトクルーズ

発売日 2019年5月28日

価格 2000円


ジャンル ジャパニーズブレンデッドウイスキー

感想

いもらいはブラックニッカが苦手


居酒屋の飲み放題メニューにも多くある、ブラックニッカ。いもらいは昔から苦手なのです。


なぜかというと…
大学生の時に、飲み会でストレートを一気飲みしたのですが…(絶対にやめましょう)口を焼き尽くすようなアルコール、身体が熱くなる感覚がとても残っていて、ウイスキーを好きである今でも手を出したことはありません。
どうしても、ハイボールで使うための安酒のイメージが抜けませんでした。

ディープブレンドナイトクルーズの発売を受けて


私のGoogleは、ウイスキー好きであることを記録しているようで、ウイスキーに関するニュースを自動的に教えてくれます。そこで知ったのがディープブレンドナイトクルーズの発売。公式サイトを見て、印象に残ったのがラベル

 


ラベルの中央に月明かりに照らされた帆船。何ともおしゃれですよね!ラベルや瓶の形にはウイスキーの個性が現れていますが、男のロマンをくすぐるようなデザインではありませんか?こうして、買うことを決意

数量限定の厳しさ


ディープブレンドナイトクルーズは、数量限定として発売されました。いつもウイスキーを買ってる西○やダイ○ーには売ってなく、伊勢丹で購入することになりました。ちなみに、Amazonだと1000円くらい高くなってます。プレミアなのね(^_^;)

香り


ニッカ特有のアルコールの強さ(ブラックニッカよりは弱い)アルコールの強さに負けないピート臭がします。

香りの奥にかすかに甘みを感じます。チョコとかカカオっぽい感じがしますね。

 

味わい


最初に来るのは、香りと同じく強いアルコールとピート。具体的に言うと、ピート>アルコールって感じです。2000円台のウイスキーにはない、強いピートが感じられます。鼻から抜けるのは潮っぽい感じ。ボウモアに近いのかも。フィニッシュはピートとカカオ多めのチョコみたいな苦味と甘みです。
ちなみに、ロックで飲んだ際はアルコールの強みが消え、潮臭さをより感じられますね。

まとめ


ピートと潮臭さは、アイラモルトを感じさせます。2000円でこの風味は珍しいです。ラベルに描かれているような、航海、帆船のデッキをイメージさせるウイスキーですね。
また、割とずっしり来る感じのウイスキーなので、ちびちび飲んで風味を感じるのがいいかもです。

あとがき

 

このウイスキーから、他のニッカシリーズも飲んでみようと思いました!というか、余市が飲みたいです!

 

ジャパニーズウイスキー
スポンサーリンク
シェアする
imoraiをフォローする
スポンサーリンク
いもらいふ~ウイスキー備忘録~

コメント